サトシのブログ

青年海外協力隊としてルワンダで活動しています。初めてのアフリカこれといった特技や経験もないままに来てしまった。それでもここの人たちと生活して自分に求めらることを精一杯やって役に立つこと、それとルワンダのワンダフルな部分を見つけられるように頑張ってるサトシのブログ

いい意味で時間が解決してくれているのかもしれない。

「焦っても出来ないときがある。そういうときは時間が解決してくれる。そしたら、思いがけず上手くいったりするもんや」誰かがそんな風に言ってくれたっけ?

なんてことを思い出した朝の一コマ。

 

いつも通りに朝ごはんを食べて、活動先に出向いたんだけど誰もいない。

いつもミーティングしてる場所にいっても誰もいない。

「あれー?なんでや?みんな居ないって不思議やな。。。」って思いながら10分くらい待っても一向に誰も来ない。

 

仕方がないから、セキュリティの人に

「今日はなんでみんな来てないの」って聞いたら、

「なんだ、お前知らないのか!?今日は大統領の調印式(?)があってホリデーだってアナウンスされたんだ!!」

「うそーん、そんなん、知らんし。聞いてへんわ!」っていってみたけど、今日がホリデーであることに変わりないし、突然もらえたホリデーをたのしまなきゃって思い直して、

 

「掃除しよー!洗濯しよー!アボカド買いに行こー!」ってざっくり今したいこと決めて、セキュリティにバイバイ。

 

 

ここに来てすぐなら、

 

「もう、同僚なんで教えてくれへんかったんや!知るわけないやん!!ありえへんわ(怒)」とかブツブツ文句言ってただろうけど、びっくりするようなことがたまに起きる生活の中に居たら、そんな風に考えてもしゃーないし、どうせなら、楽しくやりたいよねって思うようになってる。

 

自分のテンションが下がってるときはまだ難しいけれど、ブーブー文句ばっかり言ってた嫌な自分をここで生活する中で、時間を過ごしていく中で少しずつ変わってる(解決してる)ように思えた1コマでした。

 

まずはしたかった3つのこと終わったので、次を考えますかな!?